在宅チャットレディのデメリットって?

チャットレディを在宅ワークとして取り組むなら、デメリットも知っておくべきですね。
しっかり把握しておけば、より仕事に対して真剣になれるでしょう。

ここではチャットレディを在宅ワークとして選んだ時のデメリットについて、スポットをあててみますね。

チャットレディの在宅ワークは履歴書に書けない?

チャットレディの在宅ワークはお仕事として働くものですが、履歴書には書けない経歴なのがデメリットですね。
仮にチャットレディを本業とすると、そこで働いている間は履歴書には何も書けないので、空白があると見られちゃいます。

実際にチャットレディで働いてみればわかりますが、このお仕事は別にいかがわしいものではないんです。
ですけど、まだまだ世間一般からするとネガティブなものが多いでしょう。

 

だから履歴書にチャットレディをしていたと書くのは、かえってマイナス評価になっちゃうんですね
本業ではなくて、副業なら特に問題ないでしょう。

チャットレディの在宅ワークでは安易に個人情報を流さないようにしよう

チャットレディで在宅ワークをするデメリットに、女性特有の母性本能や恋心をあげておきます
いくら仕事として働いていても、その内容は男性とお話をすることです。

特にノンアダルトでは固定客になってくれた人と毎日話すようになるので、恋心を抱いてしまうケースもあるんですよね。
その相手が本当に良い人であれば大丈夫ですけど、そうした人ばかりじゃないんです。

 

ですから、いくら親しい人ができたとしても、恋人や家族じゃないので一線引いた距離感を保つようにしましょう
ただ、この距離感を出しすぎると、お話する男性によそよそしく思われちゃいますので注意してくださいね。

母性本能をくすぐるような相手でも同様のことが言えます。
のめり込んでしまうと、ついうっかり個人情報を漏らしてしまう人もいるでしょうが、安全を確保するためにも気をつけましょう。

 

そこでチャットレディを在宅で始めるなら、ここまでなら話してもいい、ここからは駄目という線引を決めておくと良いですよ
チャットレディで在宅ワークをするデメリットは2つあります。

1つは本業にしてしまうと履歴書に書けない点ですね。
他社に就職したい時には空白期間ができてしまいます。

 

もう1つは、安全は自分自身で守るって意識をすることですね。