チャットレディを在宅でするなら、知っておきたいテクニック

チャットレディを在宅仕事に選ぶなら、覚えておくといいテクニックがあります。
このテクニックを知っているかどうかで収入が変わってくるほどなんですよ。

男性と長くお話をするためには、どんなテクニックがあるのか紹介しますね。

チャットレディの在宅ワークだと演出も大事?

チャットレディのお仕事を在宅でするのなら、背景になる場所にさりげない演出をしましょう
カメラに背景が映ってしまうのは良くあることですよね。

そんな時に部屋の様子がとても汚かったらどうでしょうか。
やっぱり相手の男性に良い印象を与えるのは難しいですよね。

 

そこで最低でも散らかっていない、清潔な印象を持たれるように片付けをしておきましょう。
シンプルな部屋がいいって人もいますが、さりげなくヌイグルミを置いて女の子っぽさをアピールしたり、お花なんかを飾ってみると好感度がアップしますよ。

あと、ノンアダルト系のチャットレディをするなら顔出しをした方がいいです。
ノンアダルト系は顔出しをしない人も多いのですよね。

 

だからこそ、マスク姿でも顔を出していると親近感がわきます
話をしている男性にしても一緒にいる感じがでるので、固定客をつかみやすくできるんですよ。

チャットレディを在宅でするなら会話術を磨こう

チャットレディのテクニックで最も知りたいの、会話スキルですよね。
ただ会話術なんていっても難しく考えなくて大丈夫です。

特にノンアダルトは会話がメインになってくるから絶対に覚えるべきです。
では、実際にどんな会話スキルがあるんでしょうか。

 

いちばん簡単なのは、お客さんの話を親身になって聞くことですね。
そのために必要なのが上手な相槌の打ち方です。

興味ありませんよという感じで適当な相槌を打つよりも、お客さんが話をしやすくなるような相槌をしてみましょう。
そこから話がつながりますし、相手も楽しく話せるので時間があっという間に経ちます。

またキャバ嬢さんの間では定番の「会話のはひふへほの法則」なんてのもありますよ(詳しくはこちら)。

 

また、話題を切らさないようにするならニュースを見たり、雑誌をチェックしたりは欠かせませんね
チャットレディを在宅でするのなら、会話のテクニックがあるのとないのとでは大きな違いが出ちゃいます。

ただ、会話スキルを身につけるのは難しいかもしれませんが、相手に好印象を持たれるような演出はすぐにでもできますよね。
やりすぎるのは良くないので、さりげなくっていうのがポイントですね。